便秘の定義とは

便秘とは、「通常の便通が数日間続いて起こらない」状態を言います。ここで通常の便通というのは、個人差があります。例えば、2日に1度便通があるのが、順調なサイクルの場合、これは便秘に含まれません。ただ、1日1度便通があるのが普通だった人が、急に1週間も便通が無くなると便秘と判断されます。特に、便秘は女性に多いと考えられがちですが、実は男性も抱えている人が多数います。

便秘になるとそこから派生して色々な症状が現れます。頭痛、腹痛、腰痛、肌荒れなど様々な症状が引き起ります。また、肥満も便秘により引き起こされる事があります。これらの症状の多くは、大腸に不要物が滞留する事が原因です。この滞留した不要物が、毒素を発生し、それが体内へと循環して行く事により頭痛や吹き出物、肌荒れなどが起こるとされています。そのため、便秘が解消されればすぐに、これらの症状はおさまるはずです。

また、腸に滞留物がある事で、腸が通常よりも大きくなり、周囲の神経を刺激して、下腹部痛を起こす場合もあります。便秘の解消に一番手軽なのは、便秘薬です。ただ、便秘薬は、体質により合わない方もいます。また、便秘が長引くと、便秘薬が効かない場合もあります。便秘持ちの方の多くが、慢性的に便秘になっているといいます。慢性の便秘になると、解消も難しくなります。慢性化する前の対策として、食生活の改善や、運動の実行などをして見るのが良いでしょう。当サイトでは、便秘の解消に良い食生活、運動方法を説明します。