食事で改善

便秘の原因として良く言われるのは主に、体質(遺伝的なものも含む)・食生活の乱れ・喫煙、アルコールなど嗜好食品の摂取過多・生活が不規則・特に睡眠のサイクルが不規則などが挙げられます。便秘で悩んでいる方の多くは、これらのどれかが当てはまる場合が多いです。

まず、食生活の改善を試みましょう。便秘に良いとされる食物は特に、食物繊維を含む物、油分を含む物、マグネシウムを含む物です。食物繊維を多く含む食品の代表は、「レタス、セロリ、キャベツ、大根、サツマイモ、キノコ類」です。また、油分は全くとらないよりも、適量を取る方が、便秘になりにくいと言われています。調理に使う油としては「ゴマ油」や「オリーブオイル」が最適です。マグネシウムは微量な元素で、魚介類や、海藻類に多く含まれています。その他、コンニャクは消化され難く、消化吸収後の物質が、小腸から大腸までの移動するのを助ける成分として注目されています。

整腸効果として、ヨーグルトや乳酸菌飲料なども便秘に良いとされています。バナナに含まれるペクチンという要素は、腸の中で食物をスムーズに流すような役割を果たすと言われています。こちらの便秘解消の体験談サイトではオリゴ糖取り入れた食生活による改善方法について紹介しています。
これらの成分を食事で取るように心がけると、便秘の解消につながるでしょう。